「辛っとろ麻婆飯」 あかずきん (東京・祖師ヶ谷大蔵)

2017-01-10-14-10-31s.jpg

汁なし麺や担担麺に
「追い飯」を付ける店が増えているが、
こちらの店の場合、
追い飯にして追い飯にあらず。
丼優先の姿勢が好ましい。



2017-01-10-14-21-29.jpg

祖師ヶ谷大蔵の
ウルトラマン商店街にある
ラーメン店「あかずきん」である。
最近、一部のメディアで
「今年流行る」とされる
「激辛な麻婆麺」の店だ。

2017-01-10-14-00-48.jpg

卓上には四川山椒と花椒。
いずれも痺れが素敵で、
普段ならたんまりかけるところだが、
今回は必要なし。

2017-01-10-14-07-20.jpg

「辛っとろ麻婆麺追い飯セット」 950円
「鬼辛」 50円     計1000円也


2017-01-10-14-08-05s.jpg

追い飯なのに、挽肉トッピング。
通常なら、
麺の残り汁に投入する飯なのだが…

2017-01-10-13-59-11.jpg

この店は「麻婆のトロミがあるうちに
先にご飯にかけること」を
推奨している。

2017-01-10-14-10-10s.jpg

つまり、麺よりも
丼ありきの姿勢なのだ、
と勝手に解釈。
好ましいではないか。

2017-01-10-14-08-27s.jpg

メインディッシュの丼を作成したら、
麺にとりかかろう。

2017-01-10-14-08-36.jpg

辛さは、六段階で最高の
「鬼辛」にしてもらった。
“普通の辛いもの好き”である
吾輩には丁度いい辛さだねえ。
これこれ。
痺れも効いていて、山椒いらず。

2017-01-10-14-11-46.jpg

中太の麺は、伸びない。
一気にすすれないから、
これぐらいの重量感のある
麺が合うのかもね。
実は、店名の「あかずきん」を冠した
超激辛バージョンもあるのだが、
中本の「北極の4か5」
ぐらいだというので断念。
とはいえ、丼も麺も
余さず堪能させてもらった。
いやよかった。

■「あかずきん
東京都世田谷区砧8-6-27
  
スポンサーサイト
Theme: - Genre: グルメ

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する