「ガパオ・ガイ」 ラークパクチー (東京・下北沢)

2016-11-23-14-03-21s.jpg

この日はちょっとした勘違いから予定外の丼となったが、
災い転じて福となる、満足な昼食となったのである。

2016-11-23-13-36-49.jpg

タイ料理店「ラークパクチー」は、下北沢の駅前からは
かなり離れた場所にあるのだが、この日はほぼ満席。
人気のほどがうかがえる。

2016-11-23-13-37-27.jpg

吾輩はというと、限定5食のこの丼があるというので注文した訳だ。
タイの鍋を丼にするなんて、素敵じゃないか。

2016-11-23-13-43-42.jpg

サラダを食べてしばし待つ。
このときは、そんな結末が待つとは思いも寄らずに。

2016-11-23-13-55-20s.jpg

「チムチュム」 850円也
あれ、あれれ、ご飯が入っていない。いや、別の茶碗で供されたぞ。
ああ、どんぶり飯にするわけじゃなくて、
単に鍋を丼に入れて供するってだけのことだったんだね。
何たる勘違い。

これはどうしたものか。
このままスープにご飯をぶちこんで無理矢理にも丼にしてしまうか。
色々と思案したが、オトナとしての結論を選択。
「チムチュムはこのままスープとして食べるので、
 このご飯を使ってガパオ・ガイを作ってください」と頼んだのだ。
快くOKしていただいた。

2016-11-23-13-56-11.jpg

という経緯があったわけだが、それにしてもこのチムチュム、激ウマである。
具はタイスキに入っているようなものだが、
酸味と辛味が一体となり、レモングラスなどの香辛料もバッチリで、
本当に美味しかった。この店の実力が判ろうというもの。

2016-11-23-14-02-30.jpg

「ガパオ・ガイ」 850円也
そして、改めてメインディッシュの登場である。

2016-11-23-14-02-49.jpg

こちらもガパオや魚醤の香りしっかり、辛さもしっかりで旨い。

2016-11-23-14-03-33.jpg

思わぬ大人買いならぬ大人注文となったわけだが、大満足であった。
こちらはランチ二食分払うつもりだったが、
お店のご厚意で、二つ合わせて1500円にしていただけた。

いや本当にいい店だ。ぜひ夜にも再訪してみたいね。
そして下北沢のタイ料理店はレベルが高いと、改めて感じた次第である。

■「「タイのごはん ラークパクチー
東京都世田谷区代沢5-6-14 前田ビル 2F-B
  
スポンサーサイト
Theme: - Genre: グルメ

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する