丼王への道

5400丼超! 下北沢カレーフェスに行けないので「孤独な渋谷カレーフェス」開催しています(w)

「鶏スープ茶漬け 青唐」 きたの (東京・豪徳寺)

2016-11-01-00-18-22s.jpg

吾輩が今一番気に入っている居酒屋である。
〆のお茶漬けに至るまで、素敵なのである。

2016-10-31-20-20-14.jpg

豪徳寺の居酒屋「きたの」。隠れ家的な名店なのだ。
人には教えたくない店なのだが、記録だからしょうがないのだ。

2016-10-31-20-25-29.jpg

お通しはマカロニサラダ。

2016-10-31-20-46-27.jpg

戻り鰹と縞鯵のお造り。鮮度いいねえ。
人数分に分けて盛ってくれるところが嬉しい。

2016-10-31-21-16-59.jpg

真鯛の塩焼きも、人数分に分けてくれる。
焼き物ってたしかに多人数だと食べにくいからね。
こういう細かい配慮が好き。

2016-10-31-21-29-05.jpg

この日、一番だったのがタコとアスパラガスの塩昆布バター炒め。
濃厚なバターの風味が塩昆布と不思議なハーモニーを描いていて素敵。

2016-10-31-22-38-29.jpg

里芋と舞茸の天ぷらも、ほっくほく。

2016-10-31-22-38-37.jpg

秋茄子のおひたしは上品な味。

2016-11-01-00-17-27s.jpg

「鶏スープ茶漬け 青唐」 550円也

2016-11-01-00-18-36.jpg

鶏出汁のスープがいいね。
鍋の後の雑炊とはまた違って濃厚でありながらあっさり。
これがあれば〆のラーメンには行かないね。
酒は宮城の「栗駒山」などなどで。

■「きたの
東京都世田谷区豪徳寺1-45-10 2F
  
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment