丼王への道

5400丼超! 下北沢カレーフェスに行けないので「孤独な渋谷カレーフェス」開催しています(w)

「高等ライス」 あじろ亭 (岐阜市)

IMG_6298 (2)

君は「高等ライス」を知っているか?
岐阜の老舗洋食料理店で供される、伝説のライスである。
吾輩が知る限り、今やそれが食べられるのも一軒のみ。
その美味を堪能してきた。

IMG_6332 (2)

「あじろ亭」は、「三河亭」と並ぶ岐阜市の老舗洋食店である。
「三河亭」が営業を休止している今、さらに貴重な店となっている。
これらの洋食店が共通して出していた
謎のメニューがある。それが「高等ライス」なのだ。

IMG_6291 (2)

「高等ライス」 700円
「ポークチャップ」 900円   計 1600円也


IMG_6296 (2)

高等ライスとは、実はカレーライスに目玉焼きを載せたもの。
それだけ!?と言うことなかれ、当時はこれが高等だったのだ。
そして、今では他の店では味わえない独特なテイストを楽しめる。

IMG_6302 (2)

このカレールー、食べたことがない独特の滑らかな味なのだ。
辛さは皆無、スパイシーさも無い。でも、甘すぎるわけでもない。
デミグラスのように濃厚でもない。それなのに、なぜか美味しい。
12年前にこのブログを初めてから、
吾輩はカレーだけで600食以上食べているが、
こんな味にはお目にかかったことがない。
そういえば、沖縄のステーキハウスでのみ供される
「謎の白いスープ」に、どことなく似ているような気もする。
小麦粉の具合のせいなのかな。

IMG_6311 (2)

そして、目玉焼きである。本来は中心部に鎮座するものであるが、
この日は端に流れてしまったと、申し訳なさそうに伝えられる。
そんなことはいいんですよ。どうだい、このトロトロ具合。
カレーにきれいに流れ出る絶妙さ。美味し。
ソースをかけても合うカレーかも知れない。

IMG_6282 (2)

正直、カレーの量は少ない。
肉も、牛肉が入っているものの、多いわけではない。
食べ盛りの男子なら間違いなく物足りないだろう。
というわけで、別途お肉もオーダーしておいた。

IMG_6304 (2)

これも吾輩の大好物のポークチャップ。

IMG_6308 (2)

端がカリカリになるぐらい、しっかり焼いてあるので、
好みは分かれるかも知れないが、味付けは最高。
大好きなケチャップベースの味である。
高等ライスにもベストマッチなので、お薦めしたい。

IMG_6285 (2)

付け合わせの野菜も良かった。

いやはや、堪能させてもらった。
機会があればぜひ、「高等」な味を味わってほしい。

IMG_6336 (2)

老舗を堪能した後は、デザートも老舗へ。

IMG_6344 (2)

奈良屋の銘菓である。

IMG_6347 (2)

熱いお茶といただこう。

■「あじろ亭
岐阜市伊奈波通1-65
  
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment