丼王への道

5400丼超! 下北沢カレーフェスに行けないので「孤独な渋谷カレーフェス」開催しています(w)

「焼肉玉子丼」 喰亭 (愛媛・松山市)

IMG_0378c.jpg

今治のご当地B級グルメの「焼豚玉子飯」は、
全国的にもよく知られた名物丼だが、
真夜中を過ぎてに松山の店で遭遇したのは、似て非なる物。
しかし、これはこれで旨し。

IMG_0394c.jpg

松山の繁華街・大街道にある「喰亭」は、
朝の6時まで営業している。
我々、遅い時間の仕事人には御用達の店だ。
同業他社らしき姿もちらほら。

IMG_0363c.jpg

会議後の公式会合の後に、
同期や後輩とともに、流れ流れて来たわけだ。
だから、真面目な話もしながら、まずは肴。

IMG_0360c.jpg

しめ鯖やら豚の角煮やら、美味しいね。
いい店だわ、ここ。

IMG_0370c.jpg

「焼肉玉子丼」 800円也
きりもないので、〆の丼。

IMG_0375c.jpg

果たしてご当地グルメのことは
意識してのネーミング、丼の仕様なのだろうか。

IMG_0386c.jpg

目玉焼きをベロンとめくると、豚の焼肉。
いいじゃないか、焼き豚でなくても。

IMG_0366c.jpg

同期は、地元名物のそうめんのようなものを
食べていたのだが、名前を失念。

ところで、
この店の前に行ったところも素晴らしかったので、
丼とは関係ないが記録しておこう。

IMG_0354c.jpg

松山支社の同期がセッティングした「誠」という店。
佇まいが何とも素敵。

IMG_0336c.jpg

前菜が蟹とサザエだよ。うほほ。

IMG_0338c.jpg

四国の海の幸の数々。

IMG_0341c.jpg

おお、これが噂に聞いた「亀の手」か。
初めて食べる貝である。
海の香りいっぱいで、ジューシーであった。

IMG_0343c.jpg

勿論、鯛や鯖も旨い。

IMG_0344c.jpg

これを地酒で堪能した。

IMG_0334c.jpg

最後に秋の香りいっぱいの鍋。見ただけで旨そう。

IMG_0349c.jpg

麺を入れて…って、なんだおいら、
一回もう〆の炭水化物を食べてるじゃ無いか。
この後に更に丼を食べたわけか…
ま、有意義な出張だったということで。

■「喰亭
愛媛県松山市三番町2-6-20 K1001ビル 2F

■「
愛媛県松山市二番町2-5-5
  
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment