丼王への道

5400丼超! 下北沢カレーフェスに行けないので「孤独な渋谷カレーフェス」開催しています(w)

「麦飯 冷しとろろ芋」 河鹿亭 (富山・朝日町)

IMG_6323b.jpg

去年の夏も長期滞在し、避暑地として気に行った富山。
今年も夏のバカンスは、富山を堪能するのである。
というわけで、最初は小川温泉の旅館へ。

天然洞窟野天風呂や、大きな檜の樽の風呂など、
いくつもの温泉を堪能できる宿である。

IMG_6292b.jpg

夕飯も、期待にそぐわないもの。まずは「冷製豆乳スープ」。
ホテル特製の胡麻豆腐と、かんな冬瓜。

IMG_6293b.jpg

前菜は、上から時計回りに、「氷梅ジュレ」、「分葱とつぶ貝のぬた和へ」、
「千枚大根酢取茗荷」、「鱧棒ずし」、「うちわ南瓜」、
「海老艶煮黒胡麻と天豆胡麻クリーム」。

IMG_6295b.jpg

吾輩の大好物「辛子豆腐 海苔葛」。

IMG_6297b.jpg

「名水ポークのすき鍋」。

IMG_6299b.jpg

「造里 平政、鱸、甘海老」。

IMG_6301b.jpg

「海鮮ひろうす」。これも旨かった。

IMG_6304b.jpg

「活鮎炭火焼」。鮎に蓼酢を使うとは、高村薫の「レディ・ジョーカー」に
出てくるので知っていたが、あれだけ鮎を食べる岐阜では
お目にかかったことがない文化だ。というわけで、蓼酢の初体験。
まあ、悪くはないけど、あってもなくてもいいかな。

IMG_6311b.jpg

思ったより量があった「冷やしそうめん」。

IMG_6312b.jpg

そうめんで〆かと思ったら、更に御飯セット登場。

IMG_6327b.jpg

「麦飯と冷やしとろろ芋」。御飯は地元・朝日町産コシヒカリと押麦。
いやはや、堪能しました。
デザートは出たのだが、例によって満腹で入らず。
何も考えずに酒が飲めるって、いいねえ。

■「河鹿亭
富山県下新川郡朝日町湯ノ瀬1 ホテルおがわ内
  
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment