「復幸 炙りかきとうにめし」 吉田屋 (青森・八戸市)

IMG_0056a.jpg

東日本大震災で流されながらも、復活を果たした養殖牡蠣を
ふんだんに使った丼である。デパ地下で発見して即購入。
旨味が濃密に詰まった牡蠣が、晩酌のアテとして最高であった。

IMG_0044a.jpg

「復幸 炙りかきとうにめし」 1300円 → 778円也
八戸で駅弁として販売されているもののようだ。

IMG_0082a_20150610092622c93.jpg

牡蠣って炙ると縮んで美味しくなくなるイメージがあるが、
これは予想に反して、ぎゅっと旨味が詰まっている。
ウニも、牡蠣とのマッチングで更に風味を際立たせている。
いやこれは日本酒の肴として最高。心地よく復興の味に酔った。
昼に食べるのは勿体ない丼である。
  
スポンサーサイト

Tags  魚介の丼 魚介の丼/牡蠣 駅弁

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts