丼王への道

5400丼超! 下北沢カレーフェスに行けないので「孤独な渋谷カレーフェス」開催しています(w)

「和風かつ丼」 武蔵屋本店 (岐阜市)

IMG_7965a.jpg

トンカツは、「洋食」として生まれたものだが、
日本独自のスタイルが確立し、もはや「和食」の風格がある。
かつ丼になると、丼というスタイルからより一層、
「和食」感が上がる気がするのだが、わざわざ「和風」と名乗るかつ丼がある。
それはどういうことなのだろうと、つらつらと考えてしまった丼である。

IMG_7988a.jpg

柳ヶ瀬にあってノスタルジックな風情漂う「武蔵野本店」。
本来は、釜飯が売りのようだが、店頭の「和風かつ丼」なるメニューに惹かれた。
ただし、店内のメニューではただの「かつ丼」である。

IMG_7961a.jpg

「和風かつ丼」 700円也
店の雰囲気同様、ノスタルジックなスタイルが素敵なかつ丼が登場。

IMG_7976a.jpg

確かに、一般的なかつ丼とは微妙に違う。
刻み海苔がかかり、玉葱ではなく長葱を使っているのだ。
さらに、醤油の味がかなり強い。
玉子をまとった醤油かつ丼といっていいほどだ。
これにはグリーンピースは合わない。やはり海苔だろう。
そういえばグリーンピースや玉葱って洋風な感じがするよね。
そういうものではないという意味で、
一般的なかつ丼と比べると、より「和風」なのかも知れない。

ただ、岐阜では別の店や、根尾の店でもかつ丼に刻み海苔がかかっていた。
海苔をかけるのは、地域性なのかも知れない。

しかし、岐阜に限らず、「醤油かつ丼」という、和テイストが強いかつ丼では、
刻み海苔が登場するケースが散見される。やはり海苔は「和風」を押し上げるのか。

IMG_7980a.jpg

和のかつ丼としては「京風かつ丼」というものがあったが、
わざわざそう名付けないと、かつ丼は「和風」にはならないのかなと思ってみたり、
いやしかし、長岡に「洋風かつ丼」という名前のものがあることを考えると、
元来、かつ丼は和風なものなのだとも思う。

そういえば、新潟の卵とじかつ丼には、青海苔がかかっているケースが多く、
それも、他ではあまり見ないスタイルなんだということに気がついた。
巷には、グリーンピースがないと、かつ丼じゃないという輩がいるが、
これまで私が食べてきた200杯を超えるかつ丼を眺めると、
グリーンピースは寧ろ少数派だ。
そんな呑気でくだらないことを考えながら、一杯のかつ丼を堪能した。
ごちそうさま。

■「武蔵野本店
岐阜県岐阜市神田町3-12-2 武蔵野本店ビル1階
  
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment