丼王への道

5400丼超! 下北沢カレーフェスに行けないので「孤独な渋谷カレーフェス」開催しています(w)

「焼き鳥丼」 鳥政 (東京・表参道)

IMG_4602a.jpg

南青山にある焼鳥店で、ワイルドな焼鳥丼を捕獲。
少し焦げのある串の風情が、この店を物語っている。
肉もしっかり、ボリュームもしっかりで、満足。

IMG_4625a.jpg

「鳥政」は、表参道の交差点から少し歩いた先の路地にある。
私の好きなカレーうどんの「しまだ」のすぐ側だ。
メニューは見当たらないが、躊躇することなく焼き鳥丼を注文。
レバーは大丈夫かと尋ねられるが、是非入れてほしい旨を伝える。

IMG_4574a.jpg

「焼き鳥丼」 1350円也
繊細さなんて微塵も感じられない、荒々しい盛りつけの丼が登場だ。
漬物、多すぎだし。

IMG_4604a.jpg

この大きな串は、太い葱を鶏肉で巻いたもの。
しっかりした食感は胸肉だろうか。
食べログに「パサパサしている」と書いている御仁がいたが、
もしこの肉のことを言っているのなら、こういうものだよと伝えたい。
パサパサって表現はどうかと思うが。
吾輩は好きだね。そして葱も実に旨い。

IMG_4606a.jpg

レバーも旨い。この串を含めて焦げが見えるが、
焦げ落としをしないのはこの店のスタイルなんだろう。
(焦げ落とし専門の店員がいる焼鳥店もあるぐらいだが)
吾輩にとっては、寧ろ香ばしいアクセントになっていていいぐらいだ。
これで酒が飲みたい。

IMG_4611a.jpg

上品な焼鳥屋だと、半生にするなど力をかけるささ身だが、
この店では単純にしっかり焼いている。ワイルドだ。
それ以上に、奥に見えるねぎまがいい。
こちらの肉はプリンプリンでジューシー。いいねえ。

IMG_4617a.jpg

軟骨でゴリンゴリンという食感を強めたつくねもいい。
これ位、歯応えがないとね。
「硬い」と書いている御仁がいたが、硬いうちには入らないよ。

IMG_4622a.jpg

鳥出汁のスープも、葱いっぱいで美味しいね。
そういえば、お客さんの多くがラーメンを注文していた。

要するに昔ながらの荒々しい焼鳥屋なのだ。
南青山という立地と、昼丼としては少々高い1000円オーバーの値段から、
別のものを求めてくると大きく期待が外れるし、
逆にこういうのがいいんだよねえという吾輩のような人間もいる。
そういう店なんだろうな。夜に再訪してみたいね。

■「鳥政
東京都港区南青山3-13-2 山川ビル1F
  
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment