「カツめし」 一八食堂 (岐阜市)

IMG_3617a.jpg

素晴らしい。丼も、店の雰囲気も、実にいい。
感動の一言に尽きるカツ丼に邂逅した。
いやこれ、大好き。マイベスト味噌カツ丼に決定。ああ、至福。

IMG_3589a.jpg

「一八食堂」は、岐阜市の住宅街の中にポツンとある
昔ながらの大衆食堂である。
入ってみれば、奥に長い小上がりと
小さな二人掛けテーブルがいくつか並んでいる。
このノスタルジックな風情がたまらない。

IMG_3618a.jpg

「カツめし」 550円也
どうだい、この値段。凄いじゃないか。
どっしりとした丼に、いっぱいの小皿。
この時点で、自然と笑みが出てしまう。
「カツ丼」を注文すると、卵とじのカツ丼が登場するのだが、
「カツめし」と注文すると、味噌カツ丼になるのだ。

IMG_3607a.jpg

そして、カツめしを注文すると、
テーブルに、ドン!と大きなマヨネーズが供される。
これは丼が小さい訳ではない。マヨネーズがデカい業務用なのだ。

IMG_3624a.jpg

豚カツは、こういう大衆食堂にしては厚めで衣薄め。
吾輩の大好きなスタイルである。
味噌、少なめでちょうどいい。肉、ジューシーでいいぞ、これ。

IMG_3634a.jpg

しかし、マヨネーズを供されたからには、やはり使わねば。
キャベツだけでなく、カツにもドバッとね。
ワイルドで行こう。
味噌とマヨのカツ、最高。キャベツも旨い。

IMG_3640a.jpg

そして、マヨネーズをかけない部分には、
小皿に盛られた大根おろしをかけ、あっさりさっぱりと食べる。
これもまた良し。

IMG_3597a.jpg

ほうれん草のおひたしや漬け物もたっぷり。
ああ、丼を食べるとはこんなにも幸せなことなのか。
それを再認識させてくれる、心から落ち着ける店であった。
ごちそうさまでした。ここもまた、再訪必至である。

■「一八食堂
岐阜県岐阜市昭和町1-15
  
スポンサーサイト

Tags  かつ丼 かつ丼/味噌かつ丼

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts