丼王への道

5400丼超! 下北沢カレーフェスに行けないので「孤独な渋谷カレーフェス」開催しています(w)

「ロースカツ天丼」 季寄 武蔵屋 (東京・代々木上原)

IMG_2868a.jpg

代々木上原にて、謎の丼を発見!
名前からは「カツ丼」なのか「天丼」なのか、全く判らない。
果たして、その正体や如何に…

IMG_2905a.jpg

謎の丼があるのは、「季寄 武蔵屋(きよせむさしや)」。
夜は居酒屋使いができる蕎麦屋である。
スタイリッシュで今風の店内。
昼は蕎麦のメニューだけでなく、丼とのセットメニューも豊富。
だが吾輩は、例によって蕎麦屋なのに丼のみを注文。

IMG_2837a.jpg

「ロースカツ天丼」 1030円也
おおっ!何だこの名前は、と思って注文した丼である。
要する、ロースカツをソースや味噌ではなく、
天つゆに浸してご飯に載せた丼なのだ。

IMG_2860a.jpg

カツの上にある球体は、大根おろしなのである。
こちらにも、同じ天つゆがしみている。このつゆが実にいい塩梅。
さらっとして出汁の効いたところが、蕎麦屋らしい。
関東風の真っ黒な天丼用のタレなら、
カツがクドくなってしまっただろうが、これはベストマッチだ。
これはいいね。凡百のソースカツ丼や味噌カツ丼より好きかも。

IMG_2887a.jpg

カラッと揚がった衣薄めのカツは、豚肉も旨い。
吾輩の好みとしては、もう少し脂身を残して欲しいところではあるが、
丁寧な作りのカツで、これはこれでいい。

IMG_2898a.jpg

更に、大根おろしボールを解体してカツに広げる。
大根おろしのカツ丼というと、
四谷の白い山脈こと、鈴心の「そうすかつ重」が有名だが、
こちらは天つゆ&大根おろしで、
違和感のない組み合わせとなっている。

IMG_2878a.jpg

お汁には湯葉がたっぷり。これもいいね。
いやはや、まだまだ丼の世界は広いな。
いい丼であった。ごちそうさまでした。

■「季寄 武蔵屋
東京都渋谷区上原1-22-3 むさしビル1F
  
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment