丼王への道

5400丼超! 下北沢カレーフェスに行けないので「孤独な渋谷カレーフェス」開催しています(w)

「とん丼」 王ろじ (東京・新宿)

IMG_1034a.jpg

老舗とんかつ店で、人気の有名かつ丼を食す。
世間の評価とは裏腹に、十年以上前に食した際、
私にはどうしても納得できない点があったのだが、
果たして今回は如何に。

IMG_1018a.jpg

伊勢丹近くの裏路地にある「王ろじ」は大正十年創業の老舗。
この日も満員で、店の外に待ち客がでる人気ぶりだ。
私はこのブログを始める前に一度訪問しているのだが、
その際の印象は、ある理由で最悪だったのだ。
未だに有名店として人気を誇っているのに疑問を持ち、
もしかしたら改善されたのかと、意を決して訪問した。

IMG_1025a.jpg

「とん丼(カツカレー)」 1000円
「大盛り」 100円          計 1100円也


IMG_1028a.jpg

丸い棒状のヒレカツを斜めに切って、
丼の上にそそり立たせる独特のスタイルである。
丼としてのスタイルは素敵だ。確かに素敵なのだ。

IMG_1043a.jpg

若いころはヒレよりロースだったが、最近はヒレも嫌いじゃない。
その点でも問題はないのだ。

IMG_1037a.jpg

カレーにはもう少し辛さがほしいところだが、
カツにかかるソースと相まって、懐かしい味わいになる。
これはこれでいいんだ。いいんだよ。

IMG_1058a.jpg


だがしかし!やっぱり駄目だったのは、このご飯。
炊飯器のスイッチを「炊く」ではなく、誤って「保温」を押してしまい、
しばらくして気づいて、慌てて「炊く」にして見事に失敗した時。
或いは、水の量を間違えて、さらに蒸らしにも失敗した時。
そんな時のようなご飯の食感なのだ。ああ、やはり以前と同じだった。
でも、ネットを見ると「これがいい」っていう人がいるんだよなあ。
信じられないが、やはり味覚は十人十色ということか。

この丼のご飯が、経堂の「はやし」のものだったら、
実に素晴らしい丼になるのに。残念である。

■「とんかつ 王ろじ
東京都新宿区新宿3-17-21
  
スポンサーサイト

2 Comments

nana  

No title

こんばんは。
ハラハラしながら読みました。
ハッピーエンドじゃなくて残念!
でも、肩のちからが抜けるまで小説読むみたいに楽しみました。
またこういうのやってください。

2015/03/30 (Mon) 22:25 | EDIT | REPLY |   

丼王  

Re: No title

ほんと、見た目はいいんですけどね~この丼。

最近は仕事の関係上、
外で食べられる機会がめっきり減っているんですが、
行ける時には必ず「名丼」探しを頑張ってみようと思います。

2015/03/31 (Tue) 09:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment