FC2ブログ

「アルプスサーモン丼」 高森町ご当地グルメ検討委員会 (全国ご当地どんぶり選手権)

DON16760f2.jpg

「全国ご当地どんぶり選手権」 の予選会。
四丼目は、岐阜の隣の長野の丼である。
海無し県のサーモン丼、これもなかなか食べられない一品だ。

DON16789f2.jpg

アルプスサーモンとは、この丼の公式HPによれば、
「通常のニジマスは二対の染色体を持って(これを「二倍体」と言います)いますが、
受精卵に温度変化等の刺激を与えることで、
倍の染色体を持つ個体(これを「四倍体」と言います。)が生まれます。
これを通常のニジマスと掛け合わせることで三対の染色体を持ったニジマスが生まれます。
これがアルプスサーモンです。」とのこと。
「大きくなっても成熟しないため、脂がしっかり乗っていて若々しく大きいのが特徴」という。
以前食べた「信州サーモン」とは別物のようだ。

DON16753f2.jpg

「アルプスサーモン丼」
純伊那谷産であるアルプスサーモンの鮮やかな赤みが、
高森町の特産品である「市田柿」の色を連想させることから、
高森町のご当地どんぶりとして生まれたのがこの丼である。

DON16756f2.jpg

軽く周囲を炙ったタタキ状態のサーモンや…

DON16761f2.jpg

山芋と和えたもの、刺身、さらにイクラまで載っている。
確かに脂がしっかりのっていて、旨い。
いやこれはお酒が欲しくなる丼であった。
スポンサーサイト



Theme: - Genre: グルメ

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する