「いくら丼」 AZALEA (宮城・石巻市)

宿泊したホテルの朝食が、以前よりグレードアップしていた。なんと、朝からイクラ丼が食べられるのだ。復興が少しずつ進んでいることを感じたのであった。...

「ビビンパ」 ソナム (宮城・石巻市)

更に南下して、今回は石巻である。津波で被災し、去年11月に営業再開を果たしたばかりの韓国料理店が旨いと聞き、訪ねてみたところ、大久保や赤坂の店にもひけをとらない本格的な味であった。...

「南三陸キラキラうに丼」 松原食堂 (宮城・南三陸町)

翌日は、気仙沼から南下して南三陸である。仕事がてら立ち寄った仮設商店街で、ご当地丼の「キラキラ丼」を捕獲してきた。...

「海鮮丼」 特急寿司 (宮城・気仙沼市)

宮城での生活も残り少なくなり、沿岸部の被災地で最後のご奉公。気仙沼の仮設商店街でランチをいただいたところ、CPの極めて高い丼にありつくことができた。...

「平目エンガワ丼」 味どん (仙台市)

残り少ない宮城での丼ライフを堪能しようと、色々と考えたわけだが、やはりこの店に尽きるのではないかと思い至った。“聖地”味どんである。今後は、この店の奇天烈すぎる美貌の丼を存分に堪能しようと思う。...

「山形のだし牛めし」 松屋 (仙台市)

牛丼チェーンの松屋が、地域限定の丼を販売していた。山形のだしをたっぷり乗せた牛丼だ。公式HPを見てもアナウンスが無く、販売地域さえ不明だが、これは最後の機会とばかりに即座に確保してきた。...

「スタミナ中華丼」 中嘉屋食堂 麺飯甜 (仙台市)

宮城でオン・ザ・ライス篇、カウントダウンの2回目は中華丼である。すた丼と中華丼が合体したような、これもちょっと変わった一品なのだ。...

「カツ丼大盛り」 べるん (仙台市)

この2年余り、被災地の復興に微力を尽くしてきたつもりだが、諸般の事情で、あと僅かで宮城を去らなければならなくなった。本当に無念でしかたがないが、嘆いてもはじまらない。これからは、厳選して宮城の丼を食べよう。というわけで、ブロック状に刻んだ豚カツがゴロゴロと盛られた見たことも無いスタイルのかつ丼を食したのである。...

「三代親子丼 まごかけ」 焔藏 (仙台市)

親、子、孫の三代を使った親子丼という珍品を食した。以前、赤坂で「鶏一家丼」というものを食べたことがあるが、それとも別物。卵でとじず、生卵をダシで溶いてかけるスタイルが独特の一品であった。...

「いとより鯛天丼」 丸よし (仙台市)

イトヨリの天丼という珍しいものを見つけたので、ふらっと初入店の蕎麦屋へ。...

「辣チャーン唐辛子チャーハン」 ぷん福まる (仙台市)

激辛野郎の桃源郷となっている「ぷん福まる」で、今回は辛口のチャーハンを“世界一”レベルに辛くしてもらった。登場したのは「世界一坦々麺」を超える痛覚を刺激する一品であった。...

「筍ご飯」 左五平 (仙台市)

仙台支社に新入社員が着任。国分町の居酒屋で歓迎会を開いた。...

「めんたいごはん」 やっとこ (東京・中野坂上)

久々に「やっとこ」でミニ丼とラーメン。明太子とマヨネーズは鉄板の組み合わせである。...

「はらこめし」 天海のろばた (仙台市)

居酒屋のランチにはらこ飯が登場していた。季節はずれではあるが、食べてみたところ、厚い身と濃厚な味付けのしっかり丼であった。...

「かつまぶし丼」 風笑り家 (仙台市)

かつ丼が美味しい風笑り家で、最後の蒐集対象である。かつ丼を「ひつまぶし」のようにした丼だ。新宿の名店「にいむら」にも同様のメニューがあるが、仙台ではここ以外で見かけたことはない。...