「石川かかしカレー」 kanazawa 18Curry (仙台市)

仙台初の「金沢カレー」の店である。「かかし」という石川県のソウルフードをトッピングした珍妙なカレーが登場していたので、捕獲してきた。11月限定商品のようなので、食べてみたい者は急ぐべし。...

「鶏たまそぼろご飯」 ダイエー (仙台市)

閉店間際のスーパーは財布に優しい。なかなか行けるタイミングはないのだが、この日は間に合った。毎日でも行きたいぐらいだ。...

「かにちらし丼」 かに八 (仙台市)

仙台で最も歴史の古い蟹料理店だという店。そろそろ蟹も美味しい季節であろうと、訪問してみた。...

「生秋刀魚丼」 丸正水産 (仙台市)

このところずっと肉丼ばかりだ。こんなに肉ばかりだと酸性人間になってしまうではないか。実際には、夜はほぼ魚か野菜なのだが、それでもこれだけブログに肉の行列ができると、「大丈夫か、俺」と心配になる。というわけで、魚の丼を求めて一番町へ。やはり三陸の秋は秋刀魚だろう。...

「仙台丼(ホエー豚の焼肉丼)」 伝説のすた丼屋 (仙台市)

すた丼が「大学丼祭」を開催。これで3回目だ。仙台丼は全て制覇しておこうと、さっそく捕獲してきたのである。...

「はなとかち監修 半バラ豚丼」 サンクス (仙台市)

豚丼が得意なサンクスに、新たな豚丼が登場。これはすぐに捕獲だ。「半バラ」というのも面白い。...

「カリカリ焼豚丼」 泰幸 (仙台市)

ランチスポット開拓のため、未踏の一角へ。初入店のラーメン店である。...

「ビビンバ焼き牛丼」 東京チカラめし (東京・新宿)

チカラめしの店舗限定メニュー。ビビンバと聞いては黙っていられない。...

「塩すた丼」 伝説のすた丼屋 (東京・渋谷)

研修講師で東京。本社から研修所に行く途中で腹ごしらえ。すた丼が期間限定で新メニューを出していたので、食してみた。...

「宮城県産炭火焼き豚丼」 炙屋十兵衛 (仙台市)

本来は秋田の比内地鶏の店なのだが、秋のメニューの中に宮城県産の豚を使った丼があったので食してみた。...

「紅葉丼」 友福丸 (宮城・石巻市)

津波で流され、別の場所で再建したお店で、秋らしい名前の丼をいただいた。...

「気仙沼の秋刀魚と余り物の丼」

この日は気仙沼の事務所で缶詰業務。というわけで、炊飯器でご飯を炊いて丼を自作。冷蔵庫にあった前夜の余り物を全て載せるという暴挙に出てしまった。...

「鯨カレー」 木の屋石巻水産 (宮城・石巻市)

鯨大和煮の缶詰で知られる「木の屋」は、鯨のレトルトカレーも販売している。この日は支社に缶詰になっていることもあり、これを食してみることにした。...

「ありがとうランチ」 ほっとべんとう (宮城・気仙沼市)

気仙沼と石巻を往復する生活はハードだ。この日は時間もなく、車の中で弁当。支社の後輩に進められた「280円弁当の店」で調達したカツ丼は、素朴な感じが良かった。肉体的にも経済的にもハードな男の財布に優しい。...

「鮭茶漬け」 ごくう (宮城・石巻市)

3週に1週ペースでの石巻~気仙沼生活。世の中には「出張貴族」もいるようだが、私は明らかに「出張貧乏」だ。高価な飲食は控えたいところだ。...