「うなぎ飯」 トップパルケ (東京・豪徳寺)

朝から鰻っ!ま、チョロっとだけどね。...

「うなぎ丼ぶり」 八屋 (岐阜・郡上市)

郡上丼、最後に食べたのは鰻丼である。これもまた良し。...

「穴子玉子丼」 美竹 (東京・代々木八幡)

代々木八幡の隠れ家的な場所にある焼き鳥店。昼の丼も、優しい味で良かった。...

「あなご丼」 トップパルケ (東京・豪徳寺)

職場にマイどんぶりを持ち込んで昼丼改革を断行したところだが、晩酌丼にも新しい風を吹かせよう。という訳で、どうだろうか、こちらの丼。...

「ミニうなトロ丼」 いろり庵きらく (埼玉・浦和)

新たなチームメンバーを三顧の礼で迎えるため浦和へ。時間が無かったので、駅の蕎麦屋に飛び込んだ。せめて浦和名物に近いものを、と注文した結果は…...

「広島名物!穴子めし」 ワイズマート (東京・梅ヶ丘)

名物というものは、やっぱりその地元で味わうべきだとちょっと反省した、今宵の晩酌丼である。...

「うなぎ丼」 喜多川 (岐阜市)

岐阜市内で「鰻ならここ」という人も多い専門店へ。関の鰻とは違ってオーソドックスなスタイルで、評判通りの味であった。...

「うなぎご飯」 マルエツプチ (東京・渋谷)

本日の昼丼は、スーパーで購入した鰻の丼。鰻の量は少ないけど、鰻のタレ味のご飯は盛りが良く、それで満足させようという素晴らしいコンセプトの丼(笑)。...

「普通丼」 孫六 (岐阜・関市)

岐阜で食べる「鰻」が、取り立てて美味しいというイメージはなかったのだが、関市の名物「関うな丼」を食べてみたところ、このイメージを覆された。蒸すなどの手は一切加えず、ひたすらに黒くカリカリに焼いた鰻が、抜群に美味かったのだ。いやいや、これは発見である。もう「ふわっとした食感の鰻」なんて、物足りなくなるだろう。...

「Wちらし 牛しぐれ煮うなぎ」 ワイズマート (東京・梅ヶ丘)

今宵の晩酌丼は、この季節によく登場する鰻と牛丼のコラボ丼。...

「ひつまぶし鮓」 柿千 (名古屋駅)

東日本大震災から3年の月命日。さて仕事に急ごうと、昼は新幹線のなかで駅弁。ひつまぶし風の一品である。...

「抹茶ひつまぶし 日本一弁当」 だるま (名古屋駅)

岐阜で昼食を食べている時間がなかったので、名古屋から東京へ向かう新幹線の中で昼食。自ら「日本一」と、大きくハードルを上げた駅弁を食す。...

「二色鰻重」 宮川 (東京・世田谷代田)

梅ヶ丘で訪問すべき店がまだ2軒ほど残っているのだが、この日はいずれも行列ができていたことからパス。隣の世田谷代田へ進出することにしたのだ。1軒目は、鰻の専門店。二色の鰻重という珍しい一品をいただいた。...