「牛肉飯」 味芳齋 (東京・大門)

歩いてめぐる名店の丼シリーズ、今回は芝大門にある中華の店へ。この「牛肉飯」、噂通りの刺激的な辛さが後を引く絶品丼であった。...

「飛騨牛プレミアムコロッケカレー」 CoCo壱番屋 (岐阜市)

ココイチは、全国の店舗でご当地カレーを提供している。そういえば、岐阜のココイチには行ったことがなかったので、飛騨牛を使った一品を捕獲してきたのである。...

「超激100倍極辛カリー」 犬拳堂 (東京・下北沢)

今回紹介するのは、数々の激辛丼を紹介してきた我がブログの中でも、間違いなく1、2を争う最凶の一品である。もはや危険物の領域だ。丈夫な内臓諸器官と辛さへの耐性のある方以外には、決してお薦めしない。...

「エゾシカ肉ハンバーグ」 ポニピリカ (東京・下北沢)

孤独なカレーフェスタ、躊躇なく続行中。エゾシカの肉を使ったハンバーグという珍品をスープカレー店で捕獲したのだが、香ばしさと歯応えがなかなかで、スパイスの効いたカレーとベストマッチであった。...

「チキンと一日分の野菜20品目」 SAMURAI (東京・下北沢)

ひとりカレーフェスタ、なんとなく展開中。今回はその名も「侍」という猛々しい名前の店へ。辛さを最高の10番に指定したところ、「心」の100倍を超える刺激的な味に遭遇できた。...

「炙りベーコンと春野菜のスープカレー」 心 (東京・下北沢)

前日飲みすぎた日は、カレーかラーメンを体が欲する。辛さが選べる店で、最上位「100倍」の赤い赤いスープを堪能した。...

「青唐辛子と香菜ナッツの炒飯」 紅虎餃子房 (東京・水道橋)

この日は、諸般の事情ありて後楽園で昼食。久々に入店した際グループの店で見つけた新たな激辛メニューは、絶品だった。炒飯としても、このブログ史上No.1!私の好みに、どストライクな一品だったのである。...

「四川式マーボードウフ丼」 悟空 (東京・渋谷)

渋谷で新たな辛旨料理を発見したので紹介しよう。安くて本格的、昼から飲める中華の店である。...

「ユッケジャンクッパ 激辛」 仔虎 (仙台市)

とあるプロジェクトが賞をとったので、メンバーと打ち上げ。焼肉屋で、特筆すべき激辛のクッパを堪能した。...

「辣チャーン唐辛子チャーハン」 ぷん福まる (仙台市)

激辛野郎の桃源郷となっている「ぷん福まる」で、今回は辛口のチャーハンを“世界一”レベルに辛くしてもらった。登場したのは「世界一坦々麺」を超える痛覚を刺激する一品であった。...

「激辛オリジナルタコライス」 9 1/2 The Second's (仙台市)

激辛ロシアンメニューが売りのバーで、好物のタコライスを激辛にしてもらい、食す。デスソースのジョロキアが効きまくり、口の中が痛くなるほど素敵な一品であった。...

「豚五目あんかけごはん 辛味味」 ぷん福まる (仙台市)

仙台に戻った私が向かったのは、やはり「ぷん福まる」である。辛い丼を「世界一レベルで」と注文してみた。当然、新たな若き挑戦者たちを引き連れて向かったのだ。...

「爆々飯」 蒙古タンメン中本 (東京・渋谷)

仙台に帰る前、激辛野郎として最大の関門に挑むことに。その名の通りの爆発的で暴力的な丼である。...

「世界一麻婆あんかけご飯」 ぷん福まる (仙台市)

前回、「北極を極めた男」が激しい戦いを繰り広げた「ぷん福まる」。しかし、世界一を目指す漢たちの野望は尽きることが無い。この日、新たな挑戦者が挑みかかったのだった。...

「大辛ツインカレー」 ヒマラヤ (仙台市)

辛い物好きのO君が、辛いカレーを食べたいというので、この日、2度目のヒマラヤ登頂を決行した。 ...